キッズファクトリー 面白 子どもの遊び  

子どもたちが、もっともっと楽しく遊ぶために、アウトドアー、科学工作、工作、クッキングなどのジャンルで、記録をブログします。どうぞお楽しみください。また、実際にやってみて、もっと深くお楽しみください。
Posted by 遊びプロ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 遊びプロ

宮城県山元町でのワークショップ 4

以前このブログでご紹介した、ストックスを持って山元町へ行ってきました。
20128月です。
夏休みで、時間が取れなかったので、
新幹線で行ってきました。

ストックスです。
本体外側

長さ1mくらいの棒ですが、
棒の両端20cmが柔らかくできており、
他のストックスと結ぶことができます。

本体部分

そしてこれが作品です。
怪鳥のようですね。
三角形を組み合わせて作りました。

P8050038.jpg

P8050029.jpg

これが怪鳥の骨組です。

P8050029.jpg

そのほかに、テントや、隠れ場所などが
小さい子供たちに人気でした。

P8050026.jpg

楽しそうですね。
彼女らは、保育園児です。
でもこの出来上がりです。

P8050013.jpg

暑かったせいか人の集まりはイマイチでした。





スポンサーサイト
Posted by 遊びプロ

宮城県山元町でのワークショップ 3

クリスマスのワークショップの様子です。

今回は、
●松ぼっくりのミニクリスマスツリー
●針金迷路
●プレゼント靴下
を作りました。

P1020628.jpg

松ぼっくりは湘南の海製(ひろってきた)
ペットボトルの台座
後は装飾。
なかなかのものができました。

P1020619.jpg

針がね迷路
ぐちゃぐちゃの針金迷路に
U字の短い針金を乗せて、落とさないように終点を目指します。
昔、少年が作って遊んだよね。

P1020613.jpg

サンタがプレゼントを入れる靴下
大人も、子どもへのお菓子入れに作っていました。

P1020629.jpg

寒い日にも関わらず、述べ750人ほどの参加者がありました。



Posted by 遊びプロ

宮城県山元町でのワークショップ 2

時間的に前後します。すみません。
2011年7月
のワークショップの様子です。

キッズファクトリーの看板を掲げ
「バードコール」と「フェルト玉のキーホルダー」
そして、パズルコーナーです。

PICT0022.jpg

バードコールは、木にあけ、その内部にネジを切ります。
そして輪のついたボルトを差し込んで回すと、木とボルトが摩擦で音を出し、
まるで鳥が鳴いているように聞こえます。
ちょっとワザ要ります。

今、木にネジを切っています。

PICT0020.jpg

羊毛(毛糸になる前のもの)を石鹸水に少しつけても見込むと
羊毛が縮んでからまり、ボールが簡単にできます。
そのボールにキーホルダーの金具をつけて完成です。

PICT0030.jpg

キッズファクトリーのお得意コーナー
宮城では有名になりました。
パズルです。

PICT0018.jpg

この前日、時間があったので、イチゴ農家に片づけに行きました。
津波で流されて、使えなくなった苗の整理です。
まず刈り取ります。
髪は、まとめたほうが作業しやすいかも???

PICT0003.jpg

捨てに行きます。

PICT0009.jpg

山元中学の中学生から頂きました。
この日は延べ800人ほどの人が来られました。

PICT0038.jpg
Posted by 遊びプロ

宮城県山元町でのワークショップ 1

2011年9月
キッズファクトリーのメンバー6名が、
山元町の山下中学校で開かれたイベントに参加しました。

初めはパズル。
二人でやる、超超難しいロープパズルです。
大人が楽しんでいました。

P1020525.jpg

ゴトー孟氏の得意中の得意
ガチャガチャバードです。
ガチャポンの空容器に、紙の目や羽を貼りつけます。
どこでやってもいつもいつも大人気!!!

P1020502.jpg

風船のホバークラフト
CDが地上すれすれに浮かびます。
そして手甲なく滑って行きます。

P1020527.jpg

P1020514.jpg

帰りには、珍しく記念写真を撮りました。
山下中学校にて
夜行1泊の強行軍でしたが、参加総数1200名を数え大成功でした。

なお、この参加には、
住友保険相互株式会社
三菱商事株式会社
株式会社ハナヤマ     順不同敬称略

の各社の助成を頂き実施しました。

感謝!
Posted by 遊びプロ

宮城県山元町への支援 2

2011・3・11の震災発生後の1ヶ月後に、私たちキッズファクトリーは、
現地に入り活動を始めました。
山元町は、仙台市の南約20kmにあり、南はすぐに福島県です。

地図1

最初は、泥だしです。
津波を被った家は、津波が運んだ砂や粘土に覆われています。
これを手作業で出すのが仕事でした。

2_20130221143325.jpg

被災した家や車は、津波の破壊力を物語ります。
想像以上でした。

1_20130221143327.jpg

山元町のボランティアセンターで仕事の段取りをし、
道具を借り出して、現場に向かいます。

4_20130221143425.jpg

震災の影響で今は取り壊された、
山元町役場前。
出勤前です。

3_20130221143427.jpg

常磐線は、コンテナの貨物列車が流され、
機関車だけが残っていました。
線路はすでに取り外されていました。

常磐線跡

鉄ちゃんには夢いな、津波で藻踏ん張って残った、
電気機関車です。

機関車

これらの写真は2011年4月のものです。
私たちの支援がなぜ生まれたかを説明するために、わざわざ過去の写真を出しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。